アパート建築と戸建賃貸の比較

いくつかの物件を購入したり建てたりしました

自分はここ数年で、いくつかの物件を購入したり建てたりしました。
一つは木造のアパートなのですが、それは土地があったために、上物だけの建設費用で建てることが出来ました。
土地から購入していたら、ゆうに1億を超える金額を銀行から借り入れていたことになるのです。
さすがに億を超えるローンは、不安で眠れなくなるのではないかと思います。
よく言われるのが、借金には良い借金と悪い借金があるという教えです。
不動産経営で借りるローンは、消費で使う借金ではないので、「良い借金」にあたります。
それであったとしても丁重に扱わなくてはなりません。
そして自分の年収の範囲から借りられる金額を考えておかないといけません。
つまり身の丈を知れということでしょう。
話が脱線しましたが、自分はアパートは上物と、その他諸費用のみで建てることが出来たわけです。
そしてアパート建築でよく言われることが、1棟目を所有するとすぐに2棟目が欲しくなるという定説です。
この話も書籍等で読んで知っていましたが、全くその通りでした。
しかし、そこで立ち止まって考えました。

いくつかの物件を購入したり建てたりしました : かなりの借入金が必要 : 戸建賃貸は普通の戸建て住宅を貸すという方法