アパート建築と戸建賃貸の比較

かなりの借入金が必要

1棟目は新築のアパートから始めたが、2棟目はどのような物件を購入したらよいのかということです。
すでに空いた土地は所有していないので、土地から仕入れて新築アパートを建てるのか、中古のアパートを購入するか、もしくはワンルームマンションや戸建て賃貸などを視野に入れて検討を始めました。
上述した通り新築のアパートは魅力的です。
なぜならば、設備の故障も少なくピカピカで、入居者を募集するとすぐに埋まるからです。
それを「新築プレミア」というそうですが、自分の新築アパートもすぐに入居が決まりました。
完成がやや遅くなり、4月ごろになってしまったので、会社の異動や入学の時期を逃したにもかかわらず、立地がよいこともあってか空室に困ることなく、スタートさせることが出来たのです。
そんな素敵な新築アパートの分身、つまり2棟目も新築のアパートやマンションにしたいという欲がありました。
しかし土地から仕入れて建てるとなると、かなりの借入金が必要になります。
おそらくこれだけの金額を借りるためには、共同担保という方法でやっと借りることが出来るかもしれません。
つまり1棟目のアパートも2棟目の土地建物と同様に銀行の担保に入れて、やっと借りることが出来るということです。
自分はそこまでして借りる必要はないと思い辞めることにしました。
それよりも、もっと手軽に金のかからない賃貸業はないものかと思ったのです。
それが2棟目で始めた「戸建賃貸」です。

いくつかの物件を購入したり建てたりしました : かなりの借入金が必要 : 戸建賃貸は普通の戸建て住宅を貸すという方法